2010年04月28日

信夫山 金竜口

kosi-sinobuyama.jpg

たまにアクセス解析なんぞすると、検索ワードに「金竜口」などがある。
信夫山の金山タヌキ掘りの跡だとか言われているものだ。
(けっこう見つけ難いものだから、調べるんだべなし)

塞がって中には入れないが、坑口は「あぅん!」とばかりに開いている。
今回、またこの側を通ったので、こういうものには無縁とも思えるサニパンさんを脇に
立ってもらって撮った画像が右側のもの。(カメラはサニパン氏の物)

左側の画像は、一昨年12月に当ブログで使ったものである。
今回は陽が差していたことと、サニパン氏との比較が坑口の迫力を増して
いるので、掲載してみた。
元画像は「へぇ〜」と言うくらいそこそこのものである。(縮小が惜しい)

(右側の画像はサニパン氏から戴いたものを勝手に使用しました)
posted by 山口屋散人 at 23:53| Comment(2) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前と比べても変化は無いようですね。
岩のようにも見えますが、今まで残っているくらいですから、かなりしっかりした地質なのでしょうか。
たしか岩谷観音の磨崖仏も同じような感じの岩ですね〜
Posted by サニパン at 2010年04月29日 23:41
岩石、鉱物を勉強しようとしましたが、現在挫折中です。
ちなみに地学は評価2だったような・・
Posted by 散人 at 2010年04月30日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。