2005年01月05日

正月恒例の?

もう二十年は越すだろう。
正月の元旦は(女房子供をぶん投げて)野郎ばかり四人が集まる。

onnsenn

右から「孫 正義」「キラー・カン」「小生」「経済評論家」である。(偽者だが)

中学の同級生である。(そういえば高校も一緒)
たいがいは高校の同期生が経営する飯坂温泉の旅館なのだが、
今回はうっかりして間に合わなかった。
ま、四人そろって酒が飲めればよいので、初めての所に何とか宿をとる。

同級生となってから40年の歳月が流れた。
互いの人生を見つめ合ってきた仲なので、いまさらの気遣い無用のため、
寛ぎと共に、自分の座標軸の確認の意味もある。

我々の場合、中学に集約されるが、大事な仲間である。


翌日、旅館の脇に用水路のようなものが流れていた。

nisinenoseki

こりゃ何だろうな、と考えたら「西根の堰」に思い当たった。
ここを通って流れていくんだなと、チョット感動。



posted by 山口屋散人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック