2004年05月11日

クリスティ?

 毎日午前11時半になると暖簾を出します。
12時になる前に満席(椅子の7割)になる時があります。
これは良い兆候ではありません。
こういう時は後が続かないのです。(何故か不思議に)
そうして12時半にアガサ・クリスティの世界(そして誰もいなくなった)
になることがあります。

商売ですからそれは仕方の無いことなのですが、
そういう時に限って(これまた不思議なことに)
初めて来店されたようなお客さんが来るのです。

何が困るかと言うと、
そういうお客さんは「不安がる」のです。
「あれ?もしかしてヤバイ店に入ってしまったのかな」
という具合に・・・
そして「何を食べたら安全だろうか」という風に
一所懸命メニュー表を睨めっこしています。

挙句の果ては困りきって、
「何がおすすめですか?」とこちらに全権をゆだねる方もいます。
そうすれば、腹痛は起こさないで済むかも・・と考えるのでしょうか。

こういう時の助けの神は、いつものお客さんです。
入ってくるなり、「あれ?どうしたの。珍しいね。」
などと言ってくれると、くだんのお客様も肩の力が抜けます。

知らない小さなお店に入るのには大きな勇気がいりますな。




posted by 山口屋散人 at 23:03| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勇気が要りました(^^;
でも「もりそば」うまかった。
こん次は大盛りで。
奥さんも写真と同じだった。
ご主人は・・・同じだった。
Posted by gyuto at 2004年05月12日 16:25
ようこそ Gyutoさん。
何かニコニコ(ニヤニヤ?)している変なオヤジと
思っていたら、そうだったんですね。

私より先輩なのに髪が黒いのでシットしました。
Posted by 山口屋散人 at 2004年05月12日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

昼飯の選び方
Excerpt:  昼飯で新しいところを開拓するときは、お昼なのに駐車場がガラガラのところは、何も
Weblog: 福島人の自転車ツーリング+車+酒
Tracked: 2004-05-14 21:19