2006年03月16日

けんもほろろ

夏の福島競馬場での話しである。
まだ改装前のスタンドであるので十数年前だろうか。

たまたま旧知の同級生に会った。
彼には連れがいた。
ひとしきり雑談のあと、彼は連れの男を紹介してくれた。
「高校同期の○○君だ」
福島には珍しい名前とその容貌に記憶があった。

F高校は毎年クラス替えがある。
そのためもあり、クラスメイトの印象は薄い。
「確か・・一年か二年の時、同級だったよね」

そう言う小生の顔をチラッと見て、一言。
「アンタなんて、知らないな」
そう言って競馬新聞に目を落した。

何という失礼な男なりや、とちょっとばかり腹が立った。ちっ(怒った顔)
もう少し、ものの言い方があるんじゃない。

その後、誰かから彼はT○大から県に入り、エリートコースを
歩んでいるらしい、と聞いた。
小生のあまり性能の良くない脳みそには
偉くなるヤツはああいうヤツなんだな、とイメージされた。

miko8

今日の地方新聞によると、
彼はめでたく部○相当職になったようだ。
まったくもって、ご同慶のいたり。

posted by 山口屋散人 at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 誠に申し訳ございません。
(ダレのコトだかわかりませんが、
 代わって謝まっちゃいます)
 県の部○相当職になるニンゲンが
全てそんな感じのニンゲンばかりでは
ナイと、チョト許容範囲を広げて
いただけると有り難いです。
 ○長相当職に限らず、そんな感じの
オヤヂは確かにおりますが・・・。

          永遠のヒラ職員
Posted by 永遠のヒラ職員 at 2006年03月23日 01:57
大政、小政、大瀬の半五郎、遠州森のイ・・イッ・・うぅ、忘れっちまっただ!

永遠のヒラ職員さん、小生の駄文で
不快感を与えてしまったようです。
謹んでお詫びもうしあげます。(ちょっと反省)
Posted by 散人 at 2006年03月23日 15:49
 申し訳ありません。謝らないでください。
逆でございます。

 仕事の上ではないこととはいえ
      (・・・余計マズイですね)
そのような態度で不愉快な場面を演出するような人間が、
イチオウの「身内」であるかと思うと、
つい恥じ入ってしまいました次第です。

 最近減って来ているハズとはいえ(・・・でもないかな?)
業務上の権力を個人の力と勘違いして、
性格増長する輩は確かにおります。
(言える立場ではないですが)どうかご容赦ください。
    (ではなくて、変えていけよ!↑と、自分でツッコミます)

 最近、昼抜け出しづらく、足が遠のいておりましたが、
なるべく早めに「大盛り」喰いに行きます。

 よくよく考えると、投稿名が長過ぎましたし、
あまりにも現実味を帯びて自虐的過ぎたので
(・・シャレにならない・・・)変更させてください。

      実態はおそらく「永遠のヒラ職員」  改め
Posted by 下っ端 at 2006年03月26日 02:04
リプライどうもです。

「下っ端」ですか・・?
どうも直截すぎるような気がしますので
「下端中」という意味で
「しもはしチュウ」
「しもはしあたる」なんてドーでしょう?
Posted by 散人 at 2006年03月27日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック