2005年01月15日

知らぬは一生の恥?

ブログを書く際に、英語の表記が必要なことがママある。
しかし、スペルを間違っては恥ずかしいし、調べるのも面倒である。
それにローマ字入力を使っているものの、体で覚えたもので、
改めて英語のスペルをなぞると、どうも手の動きが悪い。
(Fのキーの両脇は何と何か?頭に入っていないのだ)

本屋さんに行ったついでに、たまにはPC雑誌でも・・と思って
宝島社の解説書を買った。
そしたら驚いたことにXPには「Microsoft IMEカタカナ語英語辞書」と
いうのが付属しているのだとか。

IMEツールバーのプロパティから上記の辞書をチェックしておくと、
例えば、「スチューデント」と入力して変換キーを押せば、「Student」と
出してくれるのだ。

こないな便利なものを何で隠しておくんやねん!

小生と同様に知らなかった人は是非おためしを。

posted by 山口屋散人 at 22:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当方も知りませんでした・・・。
これ、ちょっとした自動翻訳機能じゃないですか!
(↑ちょっと違うか?)

デフォルトではOFFなんですね。
思わず関西弁になる気持ち、判ります。

デフォルト>default
おおー!!
Posted by TUKA at 2005年01月16日 23:33
やったー! \(^o^)/

知らないのは小生だけか、と思っていました。

ちなみに顔文字も変換モードを「話言葉」にしておけば、
「かお」と入力して変換できるんですね。
これで顔文字も使える・・ムム、満足。
Posted by 散人 at 2005年01月17日 15:30
まさか山口屋さんが顔文字を使うようになるとは・・・。

場所によっては「メアド」と書くと
「そんな略は許さん!」とか、
「顔文字使っちゃいかん」とかピリピリした方がおられますので、
TPOをお忘れなく(^_^;)
Posted by TUKA at 2005年01月17日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック