2004年05月20日

痛てぇ?

病気で痛みを最も感じるのは何か?
全部の病気を経験した人はいませんから、比較のしようがありません。
そこで、医師にアンケートをとったのがあるそうです。
「何が一番痛い病気だと思いますか?」ということで。

一位、喉頭がんの末期
二位、くも膜下出血
三位、尿路結石

上位の二つは未経験だが(勿論ごめんこうむるが)、三位の尿路結石なら経験済みだ。

三年前のことだ。午後の2時を過ぎた頃でちょうど包丁をにぎっていた。
なんとなく左の腰が痛いような気がした。腰にしてはちょっと場所が違うな、なんだろうな?とまだ軽く考えていた。
そのうち、激痛にかわり、立っていられなくなり座りこんでしまった。
たとえて言えば、後ろからピストルで撃たれ、真っ赤に焼けた弾丸が体内に止まっているような感覚だった。

なにしろ呼吸が容易ではない。脂汗が流れる。顔面蒼白。
左側であるので、場所からして腎臓あたり。結石ではないか、と女房が診断。
動くに動けない。汚い話だが、しめつけられるような腹部に耐えかねて吐き気がしてきた。ゴミ箱をかかえて座ったまま吐く。

残っているお客さんの帰りを待ち、店を閉めて近くの医院へ。
超音波での映像診断もよく映らない。
「結石でしょうね」と痛み止めの注射をされる。
これがキカナイ。まったく楽にならない。
「酒飲みの人はね、効かないんですよ」と言われ、日頃の報いかと瞑目。
総合病院への紹介状をもらい帰宅。

翌日までマンジリともせず、ひたすらじっとウメキながら耐えるだけであった。
あれが、三位の痛みだったんだなぁ。
なんか銅メダルもらったような気分。(とは今だから言えるけど)


posted by 山口屋散人 at 21:20| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック