2005年01月20日

どうしたものか?

本HPの相互リンクサイトである「山さ行がねが」さんが、奥羽本線の
庭坂駅〜赤岩駅間の廃隧道群を詳細にレポートしている。
いつもながら事前の綿密な調査から、桁外れの行動力、冒険心に富んだアタックには恐れ入るばかりだ。

実はココ、小生と相棒のF班長とで半年前に先行踏破している所だ。
少々危険を伴うため公開をためらったものである。
しかし、彼の採ったルートに比べれば、我々のルートなどものの数ではない。

ネット公開の影響力というのは、どれほどのものか小生は知らない。
彼は他の人が真似できない行動で、安易な後追いチャレンジャーを
拒んでいるのかも知れない、とも思う。

ともあれ、行き残した二代目6号隧道は彼のお陰で行かずに済む。
何となく決着を付けなければ、という気がしていたのだが
行くほどのこともなさそうだ。


寝る前に、例によって本を読みながら酒を飲む。
隣の椅子のホステスはいつもの毛深い女性だ。

hosutesu

F班長と、この廃隧道群の我々のアプローチルートを公開したものか
どうか、相談してみようかな・・などとウツラウツラ考える。

posted by 山口屋散人 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック