2006年04月17日

本日のお散歩から

山はまだ全体的に枯れ葉が目立つ。
木の芽は吹き出したばかりだ。

kosiabura-s(コシアブラの芽)

いつもながら、ひっそりと弱々しげながら
それでいて凛としている・・というのだろうか
春蘭がいくつか目についた。
花が咲いていた。
郊外の父の実家あたりでは「じじばば」と無粋な呼び方を
していたし、そう呼ぶ地方も確かにある。
何故なのか形からは想像がつかないし未だに理解できない。

しゅんらん(春蘭)

ショウジョウバカマは枯れ葉の中から咲くので
その対比から余計にきれいに見える。
春を告げる可憐な花である。

ショウジョウバカマ1(ショウジョウバカマ)
posted by 山口屋散人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック