2006年05月09日

GWのお散歩から その2

お気に入りの飯舘村、野手上山に行ってきた。
長らく工事中だった風兼という麓にあるダムが完成していた。

kazakane1

湛えた水をどうやって落しているのか、近づいてみた。

kazakane2

帰り道の月舘町。
通りに沿った広瀬川を見ると、あれ?水が満々だ。
原因を探るとこれだった。
時期的に農業用水とするためか?

hirosegawa1

よく見ると、油圧式・・ですか?

hirosegawa2
posted by 山口屋散人 at 20:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
魚の遡上を可能にする為に、
油圧可動式にしたのでしょうかねぇ。
・・・と、勝手に一人で納得しています(笑)。
Posted by 寅パパ at 2006年05月12日 09:52
先日、林鉄跡を辿って飯樋川を上流に向かって歩いていたら、
取水口の近くに登山口の道標がありました。
「野手上山頂まで650m 徒歩50分」とのこと。
私が歩いてきた方向には、
「糸滝2500m 徒歩85分」とありました。

山の北東側からも登れるんですね。
Posted by TUKA at 2006年05月22日 21:21
その標識のある直ぐ近くに駐車場があったと
思うんですが、一番早く頂上に出られるコースですね。
(その地点まで逆にたどったことがあります)
私はいつも三通りある中から南東からのコースをとります。林がすばらしいですので。
Posted by 散人 at 2006年05月23日 22:02
駐車場ですか?
ゲートがあって、一般車進入禁止の管理道を
30分ほど歩いた所に、やっと登山口が現れますので、
車では行けないと思います。
標識のあった登山口の位置を貼っておきますね。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=37/38/58.944&el=140/49/12.933&scl=70000&bid=Mlink
Posted by TUKA at 2006年05月25日 02:13
http://photos.yahoo.co.jp/ph/ys1124jp/lst?.dir=&.view=t

あれれ?
ちょっと整理してみますね。
野手上山のダムの鳥居から登って頂上に行き、そのまま裏(東側)に下るとT字路になります。
その所にあるのが、上記の標識です。
私はいつもケヤキの森コースから登ります。
この画像の日は頂上には向かわず、サワグルミの森方向へ歩いてみました。
すると2,3百米下ったところに民家があり、その近くの駐車スペースらしき所に車が一台停まっておりました。案内の絵看板もありましたね。
裏から来るとここまで車ではいれるんだな、とその時思ったものです。

tukaさんの辿ったコースは、ダムから車止めを越えて入って川の合流地点から遡上するというコースどりでしたか?
Posted by 散人 at 2006年05月25日 20:30
言葉が足りなく、混乱させてしまったようですいません。
まとめてみましたので、ご覧くださいませ。

http://popup8.tok2.com/home2/kaido/note.htm
Posted by TUKA at 2006年05月26日 00:54
いやぁー、ご丁寧にありがとうございます。
全く未知の登山道です。
(こんな所利用する人がいたのかな?
 ・・いたんだよなー。だけど
  ・・どこに抜けるんだ??)

近々、登って確かめてきますダ。
(隧道も大好きだし・・)
Posted by 散人 at 2006年05月26日 07:47
ほとんど交通のない林道の途中が唯一の入り口で、
しかも、そこにはゲート&施錠。
加えて何の案内もなし。

誰も判らなくて当然ですよね。
そのくせ、登山届けのポストまであるし。
村が発行する観光パンフあたりには書いてあるのかも知れませんが。
「糸滝」の所在も不明です・・・。

では、お散歩レポに期待しております。
Posted by TUKA at 2006年05月26日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック