2004年05月31日

とうげ?

国道399号線。
しばらく通行止めだった鳩峰峠が通行可能になったとお客さんに教えられた。

時ならぬ5月の30度を超える暑さに耐え切れず、避暑がてら出かける。

「摺上川ダム試験たん水中」との国交省の電光掲示板。
先月ある保険屋さんとの話のなかで話題になった。
彼もこれを見たらしく、どういう字を書くのか後で調べようと思っていたとのこと。
店にある国語辞典でもダメで、彼の持つ電子辞書でもダメだった。
自宅にある広辞苑か、と思っていたが、そのまま忘れていた。

半月ほど前、業界の集まりで土湯温泉泊まりの時、たまたまダムの話題が出て、その話をした。わが業界の理事長氏、だてに京都大学ではない。即答だった。
「湛水」と書く。なるほど、水を湛えるか、タメルという意味にこだわりすぎた。

ダム脇の道路は、水が溜まるであろうという所までは快適であった。
ところがその先は軽自動車のすれ違いがやっと。
日曜の午後とあって、鳩峰峠に向かう車が私の車を含めて5台、軍団を形成していたので、
対向車が遠慮したのか、道を譲ってくれた。

hatomine-touge

峠は風が強かった。
ここは山形県の公園になっているらしい。
「県南自然公園」と書かれた石碑があった。
あとは山形が生んだ童話作家、浜田広介の碑があった。

hirosuke

posted by 山口屋散人 at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おっ、ついに399号復活ですか。もう何年もしっかりとしたバリケードと監視小屋で通行止めでした。

 確かにあの道は狭いですね。でも紅葉の時期のあの道は感動でした。

 とはいえ、茂庭の吊橋がなくなってしまったは残念ですねえ。
Posted by 長谷川 at 2004年05月31日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック