2011年04月21日

三春町の滝桜へ その2

歴史民族資料館をあとにして裏山を登り、更に下ると福聚寺が見えてくる。
あの玄侑宗久さんのお寺だ。

P4172594.jpg P4172597.jpg P4172600.jpg

なななんと、本堂近くに玄侑宗久さんが居たので、断って写真を撮らせてもらう。

P4172602.jpg P4172605.jpg P4172603.jpg

玄侑宗久さんの愛車をパチリ。ボルボがお好きのようだ。

P4172607.jpg

小生、玄侑さんの本は10冊くらい持っている。(小説は一つだけ)
その印税があのタイヤの切れ端くらいにはなっているな・・などと思った。

また山を登り返すのも気が重いので、ブラブラしながらグルッと大回りすることに。

P4172608.jpg P4172612.jpg P4172614.jpg

裏道こそ、その町の本当の姿が見えてくるというものだ。

P4172615.jpg P4172616.jpg P4172617.jpg

玄侑宗久さんに思いがけず遭遇したので、滝桜はどうでも良くなった。
が、家人が是非にと言うので渋々そっちの方面へ。
そもそも行ったこともないし、こんな時でもないと咲いている時には来られ
ないから出かけてきたわけである。

P4172623.jpg P4172643.jpg P4172631.jpg

行列の出来ている店があった。何だと思ったらソフトクリーム屋さんだった。

P4172624.jpg

枝垂れ桜の番付があった。
それによると玄侑宗久さんの福聚寺が大関でランクインしている。

P4172622.jpg

帰りがけ、二本松の合戦場の桜も足を伸ばして見てくる。

P4172659.jpg P4172665.jpg

何か腹いっぱい桜をはじめとして諸々見物してきた一日だった。
放射線も多分いっぱい浴びてきたのかな・・そんなの関係ネェー!けどね。

posted by 山口屋散人 at 22:32| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。