2006年07月11日

お勉強中

アラビア語

毎晩、台所の片隅で小さくなって焼酎の水割りを飲む。
ごく最近まで甲類しか受け付けなかったが、すこし乙類も
飲めるようになった。
なに、飲むのが無くなって、貰い物の麦焼酎をしかたなく
飲んでいたら慣れたみたいなのだ。
そんな訳でしばらく麦が続いた。
甲乙混和などというブレンド焼酎も登場しているので
ますます飲みやすくなった。

蕎麦と芋は嫌いである。
「なしてこんな臭いもの、飲まなあかんねん!」
売り場は当然のごとく素通りする。

この間、九州産の原材料が甘藷という焼酎を見つけた。
味もナカナカ良く、ほのかに甘さが香る。
なるほど甘藷というだけある・・・などとツラツラして
いたら、「へぇー珍しい。芋、飲んでんの?」と家人。
「いや、違う。甘藷、甘藷」
「・・甘藷って、芋じゃん!」

ホントだ、甘藷って、そういえばだったっけ。

画像は昨夜のお勉強の「アラビア語講座」
最近のお気に入りである。
(講座がでなくて、講師のほう)
posted by 山口屋散人 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック