2006年07月16日

流行ものは廃れもの

流行れば流行るほど、まもなく流行おくれとなる。

急速なネット環境の普及とブログの流行はついに
放火魔すら出すに至った。(いや、放火魔もブログ
をやっているくらいだと言うべきか)

今後ブログがどのような位置づけをされていくのか
気になるところではあるが、ナニ、読むに耐える、
見るに耐えるものだけが残っていくだけの話だろう。
・・ということで、当ブログの将来は暗い。

小生にブログというものを教えてくださった先覚者
Gyutoさんが今月いっぱいで店?をたたむそうだ。
先覚者であるから、最早すでに何かを感じとって
おられるのだろう。

        猫

雨模様の日曜日はゴロゴロするしかない。
我が家のまぬけ猫はまたベロを仕舞い忘れている。

nekobero10




posted by 山口屋散人 at 16:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山散人様のご意見に共感を覚えます。
今回の放火魔も、以前捕まった、母親に毒素を与える記録を残していた学生も、皆ブログに痕跡を残していました。残念なことです。
違った角度から観ますと、昨今の警察(含警備、公安、組織犯罪対策)はハイテク犯罪対策専門の部署と共に対応力が強化されています。ブログに残る電磁記録も立派な物証ですから、今後も胡散臭いブログを狙って監視を強化するでしょう。
そうなると自ずと犯罪を披瀝したり予告するようなブログは減るのかもしれません。
情報統制の厳しい中○などは対応に苦慮しているそうな。
寅パパ
Posted by 寅パパ at 2006年07月16日 16:44
まったくもって、中○仕様のグーグルなど使いたくないもんですね。時間の問題でしょうけれど。
Posted by 散人 at 2006年07月17日 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック