2011年06月20日

五輪石稲荷と的場石を見物

何処からどこまでが弁天山なのか知らないが、あの周辺にある名所旧跡の類。

P6192854.jpg

五輪石観音とばかり覚えていたのだが、五輪石稲荷神社だった。
もっとも明治以前は観音だったらしいのだが、廃仏毀釈で稲荷になおったとのこと。

大正の初めに松葉館(現知事公舎)に泊まった森鴎外が翌朝、散歩がてら亭主に
案内されてこの五輪石神社を見物したという。


P6192862.jpg

的場石と書くが、読みはマトイシ。
148Mの小ピークに聳え立つ、ゴジラみたいな石。
信夫山から那須の与一がこの石に射かけたという、子供も信じないような伝説がある。


P6192878.jpg

弁天山は自分たちの学区のシマではないので、なじみが薄い。
ここから見る市街地はまた格別だ。


動画にこのお散歩をおさめてみた。

「弁天山U」


犬

追記(6/21)

松葉館(現知事公舎)としましたが、勘違いのようです。
現杉妻会館かも知れません。
(のんびりと確認作業をいたします)

また、森鴎外のお散歩は、事実ではないという説も存在します。
(本稿の引用は小林金次郎氏著作の「ふくしま散歩」です)
posted by 山口屋散人 at 16:19| Comment(2) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弁天山の麓に住んでましたがこれは知りませんでした。
小学生だったので無理もないかw
エアガンで傷だらけになった説明板が痛々しいですね。

左に見える天神橋は震災で橋台がひび割れ、
余震の度にひびの幅が広がっているとのこと。
通行止めは解除されたようですが、現在どのような状況なのでしょうか。
気になります。
Posted by TUKA at 2011年06月20日 20:07
この日、旧川俣街道(阿武隈川左岸)を通って帰ったのですが、
天神橋方面から車が何台も出てきましたね。それで復旧したんだなと思いました。
よく調べていませんが、重量制限がかけられているとか・・

説明版はエアガンですか。
小学生が傘の先でつついたなと思っていました。
BB弾が当たるといい音がしそうではありますね。
Posted by 散人 at 2011年06月21日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。