2006年08月11日

熟した?

さんざん悪行をしているにもかかわらず、不思議と何の
お咎めも受けず、バチも当たらないという人種がいる。
反対にこつこつと真面目に善行を積んでいるのに
不幸やアンラッキーが続く人達がいる。

勧善懲悪と水戸黄門が大好きな小生など
前者には「早くお縄になれ!バチも当たれ!」と思い
後者には「神よ、少しは微笑んでくれ」と思う。

このような事態をどう解釈消化すればよいのか。
そう常々思っていたのだが、ある時、こういった意味の
文章に出会った。
「悪いことも良いことも、機が熟しなければそれぞれの
結果には至らない」(原文は漢文で多分お経の一部)

なるほど、機が熟さなければ結果はついてこない。
あせらず機を待て、ということで、そう思えば
イライラすることもなくなる。


今日、ひとつ機が熟した。
我が店の近くに時々何時間も路駐する車があったのだが、
遂に御用となったのだ。

駐車違反ステッカー2


これが新しい駐車違反ステッカーかと早速見に行った。
posted by 山口屋散人 at 21:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
散人様の文書の上手さに脱帽です。
起承転結、最後のウィット、恐れ入りました。
Posted by ヒゲとはさみ at 2006年08月12日 08:49
あらら、忍法ほめごろしの術?かしらん。
Posted by 散人 at 2006年08月12日 20:14
機が熟した時はハーーイあの世逝きです
字の間違いは誰でもありーーー。
Posted by tiagr at 2006年08月13日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック