2005年03月05日

敵は?

yuki-3gatu

当店の売り上げ構成比率は概ねこうである。
蕎麦     65%
ラーメン類  20%
うどん、丼類 15%

今日の大雪では当然お客さんもあまり来ないだろうと予想できる。
だが、有り難いことに通常と変わらないお客さんが来てくれた。
ただ、メニューが偏ってしまった。
『うどん族』と『ラーメン族』のお客さんが多かったのだ。

主力メニューの蕎麦が売れず、
(少なめに作って、これは正解だったのだが)
うどんとラーメンは午後2時前には切れてしまったのだ。

こんな雪の中、わざわざ来てくれたお客さんに申し訳なかった。

しかし、なんでこ〜なるの?
普通の日であれば、両方ともクリアできる在庫だったのだ。

不思議なことに「どっからでもかかってらっしゃい!」
というような万全の体制だと、ヒマなのだ。
例えば、うどんの在庫がちょっと心配だけど
なんとか大丈夫でしょう・・などという時はやばい。
来る人来る人、皆うどん、うどんとあいなってしまう。

敵(お客さん)は搦め手から攻めて来る。

posted by 山口屋散人 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック