2006年08月27日

鮎滝渡船場跡へ

ayutakitosenjo1

国指定史跡である鮎滝渡船場跡に行って来た。

だんだん降りていくにしたがって、冷たい汗をかいてきた。
だめだ。
ここは何か、小生とは相性が悪いみたいだ。

そうそうに逃げ出してきた。

ayutakitosenjo2
posted by 山口屋散人 at 18:36| Comment(5) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれー
ここはダメですか?
私は良く行くのですが。

「冷たい汗」は自殺の名所なので仕方ないでしょうw
Posted by まるみや at 2006年08月27日 20:21
ん?
霊場なのですか?
どんな感じなのか、とっても気になります。
寅パパ
Posted by 寅パパ at 2006年08月27日 22:58
へえ、面白そうな話ですね(不謹慎かな?)。良かったら自分にも詳細を教えていただきたいと思います。
Posted by エッセッセ at 2006年08月27日 23:42
私がレポを上げた時に、山口屋さんから感想を頂きましたが、
あれからもう2年になるんですねー。
http://popup8.tok2.com/home2/kaido/stop/ayu01.htm

江戸期の遺構ということで夢中で見て回りましたが、
私が鈍感なのでしょうか・・・?
Posted by TUKA at 2006年08月28日 00:24
あらら、コメント多数ありがとうございます。

多分、女房同伴だったのが原因だと思います。
うまく説明できないのですが、ちょっといわくある場所の場合
緊張感を持たない女房が一緒だとその隙をねらったような
何か得体の知れない存在を感じる時があります。
ごり押し出来るような場合もあれば、
圧倒されるような恐怖に立ちすくむ時もあります。
そんな時は女房に怒鳴るように注意して、さっさと
帰ってきます。
いつもその空間がそうであるとは限りません。
多分、何かのバランスが崩れるとそうなるような気がします。

とは言っても、小生にそういう能力があるわけでは
ありません。そういう勘が働いた時はそうしているだけです。
Posted by 散人 at 2006年08月28日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック