2011年10月10日

川俣町散歩

東西南北どちらに向かおうかと考えながら家を出る。
どっちに行っても、課題はある。
この日の車は東南東に進路をとった。
川俣町、立子山方面へと走る。

そういえば、川俣町の古川町長は昔、長距離選手だった。
現役で走っている姿を何度か見たことがある。

先ずは小手姫の像を見ることにした。
地元の人達の評価は知らないが、誰かが低俗だと書いていた。

PA090480.jpg PA090489.jpg

思ったほど悪くなかった。
これはこれで良いのではないだろうか。
川俣市街地から望める地に立っていれば、良かったろうにと思う。
小生としては、むしろ傍にある峰能観音のお地蔵さんに気をひかれた。

次いで、機織(はたおり)神社へ向かう。
今まで通りすがりに此処が機織神社だと信じて疑わなかった所は
違っていて、御霊神社だった。

PA090499.jpg PA090502.jpg PA090506.jpg

イメージ的には川俣町とくれば機織神社と連想される気がするが、
間違いかと思われるくらい質素な神社であるので意外だった。

次いで、東円寺の「水陸斎感応記」の石碑を見物に行く。

天明の飢饉からおよそ30年余のち、天候が思わしくなかった。
このままではまたあの飢饉の再来かと川俣代官所の補佐役が、水陸斎という
施餓鬼供養を行った。するとあらあら不思議に天候が回復したという話。

PA090514.jpg PA090518.jpg PA090525.jpg

明治4年に起きた「川俣農民騒動」の氏家粂八の墓を訪ねたかったが、
下調べが足りなくて断念。次回にまわす。

帰りがけ、気になっていた篠葉沢稲荷神社へと向かう。
川俣街道を走れば、大きな看板が眼につくこともあり、お産にまつわる
民話伝説も存在する神社だ。

PA090527.jpg PA090529.jpg PA090537.jpg

ちょうど茅輪(ちのわ)神事の期間だったらしく、蘇民将来(そみんしょうらい)と
唱えながらグルグルとメビウスの輪を描いてきた。

PA090547.jpg PA090553.jpg PA090559.jpg

12社の分社があるらしいが、本社にあたるここは意外と狭い。
車も数台しか置けないだろうし、お祭りにはどうしているのだろう。

posted by 山口屋散人 at 04:48| Comment(4) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
機織神社は明治後期に現在地へ移転されたのですが、
その跡地には旧R349に架かっていた石橋が移設してあります。
その上を信達軌道・川俣線の蒸気機関車が走ってたわけです。
現在の橋は今でも「眼鏡橋」との名前だったのが面白かったです。

ご存知かとは思いますが参考までに
http://www.town.kawamata.lg.jp/gaiyou/bunkazai/11.html
Posted by TUKA at 2011年10月10日 19:30
実はここを三度も通り過ぎながら、ついぞ写真の一枚も撮れないで終わったところなんです。
ここは交通量が多すぎる地点で、ものすごく変なところです。(とってつけたような違和感があります)
ですが、何かであるという強烈なオーラを放っている所でもあります。
二日酔いの頭をかかえては歩く気にもならないので、次回ということで済ましましたが、本来はどうしても外せない所なんでしょうね。
Posted by 散人 at 2011年10月11日 00:14
ご存知でしたか。失礼致しました。
私も駐車場所を探して右往左往した記憶があります。
結局近くの廃工場らしき建物のシャッター前に止めました。
Posted by TUKA at 2011年10月12日 18:26
TUKAさんに突っ込まれることで、緊張感を維持していますので、どうぞ遠慮なく書き込んでくださいまし。
然しながら、名所めぐりも車の置き場所の苦労ですね。
お寺の場合、駐車場の整備が進んで楽になりましたけどね。
Posted by 散人 at 2011年10月12日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。