2006年08月29日

たまには新刊書

お盆、亡父の実家である福島市西郊外へと墓参りに出かけた。
途中買い物をしたので初めて通るような道をくねくね走った。
お陰で「こりゃ何だべ?」という所も通るはめになった。

稲荷塚古墳1

何かではありそうだが、何も案内がない。
この辺に古墳が二つあるそうだから、それかな?と思っただけで
そのままにしておいた。

話は変わって、本屋さん(新刊書の)である。
このところ古本屋さんばかりに通っていたのだが
欲しい新刊があり、ちゃんとした本屋さんに出かけた。
そしたら、こんなものを見つけた。

ふくしまの歴史

福島市の教育委員会が発行しているので、宣伝などが目に
つかなかったのかも知れない。
何で今まで知らなかったのだろう。
さっそく三冊買い上げてきた。(3000円は安い)
カラー写真が多く使用されており、読みの難解な漢字は
ふりがなも付いているのでありがたい。

で、上の写真は「稲荷塚古墳」でした。
posted by 山口屋散人 at 21:13| Comment(9) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
表紙の装丁が小学校の副読本っぽい感じですが、内容は如何でしたでしょうか?
発行元から考えて、対象エリアは福島市内限定ですかね?
おもしろそう。
Posted by TUKA at 2006年08月30日 00:31
私も世良庵の亭主に勧められて、「近世」を買って読みました。中学校の歴史の教科書位かなと思っていたら、結構地元限定ですが知らないことが沢山書いてあり勉強になりました。
Posted by ひげとはさみ at 2006年08月30日 10:05
中学校の歴史参考書といった体でしょうか。
でもかなり内容の濃いものですね。
ゴチャゴチャしていて整理のつかない地元の歴史が
このシリーズのお陰で俯瞰できるようになりました。
第4、第5の近現代、ダイジェストの発刊が待ち遠しいです。
Posted by 散人 at 2006年08月30日 16:01
関西在住のskanno(好かんのう)ですが、遠方ではどうしたら手にはいるでしょうか。出版社がわかればこちらの本屋でも注文できると思いますが。
2006,8,31
Posted by skanno at 2006年08月31日 08:36
skanno様
僭越ながら、編集 ふくしまの歴史編修委員会、発行 福島市教育委員会、となっています。


福島市の書店で取り扱いをしています。ちなみに私は向かいの書店「博向堂書店」で購入しました
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SF/ShotenHome?shonCode=24485&TohanShotenHome
Posted by at 2006年08月31日 17:20
上のコメントは「ひげとはさみ」さんかな?・・だよね。
私は西沢書店で見つけました。

ところでskanno様、ようこそお出でくださいました。
「あづまエビス」さんの掲示板でよくご一緒しましたよね。
おまけにF高の先輩でしたね。(お辞儀)

この「ふくしまの歴史」はアマゾンとかのIN書店では手に入らないみたいですね。
もし、福島市内に他にルートが無ければ、
小生が送ってあげますよ。
その時は
ys1124jp@yahoo.co.jp にメールくださいませ。

Posted by 散人 at 2006年08月31日 20:19
参考までに。
昨年の事ですが「ふくしまの遺跡」という本が福島県考古学会から出ています。
学術書かと思ったら素人向けになってまして、中々面白そうでしたね。3000円・・・(-_-;)

http://www.library.fks.ed.jp/FKPLIB/servlet/search.detail_list?tilcod=1001200224533

郡山の図書館にはねぇでやんの・・・。
Posted by TUKA at 2006年08月31日 21:02
skanno先輩のアドレスが間違っているようです。
せっかくですから入力しなおしてください。
Posted by 散人 at 2006年09月01日 09:35
それは失礼しました。今度は大丈夫と思いますが。とりあえず・・・・。
Posted by skanno at 2006年09月01日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック