2006年09月08日

七味喰う虫

夏の盛りも峠を越えたので、備品のチェックをした。
七味唐辛子がやられているかも知れないからだ。
蓼って何だかよく分からないが、蓼喰う虫も好きずき、
とはよく言ったものだ。
こんな七味を喰って、ここで育つ虫もいる。

店の備品、在庫を調べてみると、不審な塊が二つ。

七味1

一つは「ふんコロガシ」みたいなもの。
これは壊してみると、ただの塊だった。

もう一つは完全に虫の形跡あり。
蓑虫のようになっていて、中に潜んでいる気配あり。

爪楊枝で分解してみると、案の定、ご在宅であった。
あぶない、あぶない、
お客さんの蕎麦にかからないで良かった。

七味の虫1

posted by 山口屋散人 at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スゴい虫がいるもんですなぁ。
確か蕎麦ってタデ科の植物でしたよね?その上七味まで食べているなんて・・・
そいつは蓼食う虫の王様ですね。
寅パパ
Posted by 寅パパ at 2006年09月09日 09:23
ちょうどサナギの状態だったのですが、
今考えてみると、何になるか飼ってみるんだったかな?
今度捕まえたら、そうします。
Posted by 散人 at 2006年09月09日 15:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック