2006年09月27日

こりゃ良いわぇ

戦前の飯坂温泉、十綱橋から上流方向を撮った絵葉書である。

ehagaki-2

阿武隈川と荒川の合流地点あたりから、県庁方向、当時、松葉館という
三島県令が作った建物を写したものらしい、これも絵葉書。

ehagaki-1

               犬

ひょんなことから、ヤフオクの絵葉書のカテゴリに辿り着いた。
大分古いものが出品されている。
(アンティークだから当然か)
では、古い福島を写したものがないだろうか、と思いつく。
絵葉書はしばしば貴重な資料となることが多いものだ。

検索してみると、福島県関係は数点出品されていた。
価格は概ね500円〜3000円くらいである。
当然のごとく欲しくなる。
しかしなぁー、こりゃキリが無くなって資金が続かないぞー。

しかし、待て、待て。
別に絵葉書が欲しいわけじゃない。
資料として手元に欲しいだけの話だ。
(別段、何に使うという訳ではないけれど)
だったら、PC画像として保存すれば良いではないか。

という訳で、画像を無料で数点、保存させてもらった。
時々、ヤフオクを覗いて見るだけで、けっこうな資料が
いただけそう。

ちなみに検索ワードは、福島県でもなく、福島市でもなく
ただの福島が良いみたいだ。
posted by 山口屋散人 at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いつも楽しく拝見しております。
絵葉書のコレクションですが、笹川勇吉氏のものが膨大ともいえるくらいあります。
 画像を保存するだけならば一度見てみたらどうでしょう。「笹川勇吉」で検索すればでます。
Posted by SHIGE at 2006年09月28日 11:23
貴重な情報ありがとうございます。
早速、検索、見させて戴きました。
凄い人がいるんだなーと何かを蒐集する趣味のない
小生など、思ってしまいます。
そして、それが居ながらにしてPCで見られる世に
なったことに感慨を持ちます。

また、お気づきの点があれば教えてください。
御訪問ありがとうございました。
Posted by 散人 at 2006年09月28日 20:19
風情ある温泉場の風景だったのですネ。摺上川で遊ぶ人々と右手に愛宕山、中央奥に穴原の大作山でしょうか?あの与謝野晶子・鉄幹夫妻も訪れた温泉でした。今は面影もありませんが・・・そう言えば、芭蕉と曽良も怒ってました。
然るに、ツール ド 西根堰は決行は・・・!
Posted by まちセンH氏 at 2006年09月29日 12:44
割り込むようなコメントで申し訳ありません。
SHIGE様のご推薦である笹川コレクションというものを拝見しました。
圧巻でした。
コレクションの中に寅パパの会社の昔むかしの本社社屋が写っていて更にビックリデシタ。
本当にありがとうございました。
寅パパ
Posted by 寅パパ at 2006年09月29日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック