2012年02月14日

米沢の雪



福島市と30数キロしか違わないのだが、奥羽山脈の向こう側はさすがに雪国だ。
F班長をして「俺はこういう処には住めねぇ」と言わしめた雪。

雪灯篭まつり会場と駐車場である市役所を結ぶシャトルバスからの映像、1分25秒。
posted by 山口屋散人 at 19:03| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
米沢の雪、すごいですねー!!
やはり奥羽山脈を挟んで日本海側は寒さが違うんですね。
昔、万世大路の大平宿の人達は冬季間は米沢には出れず、生活物資を中野や飯坂、福島方面に買いに出たと、なんかの本で読んだ事が有ります。
Posted by 紺野 at 2012年02月15日 21:47
米沢に向かう途中の13号線で、地吹雪で何回かホワイトアウト状態になり、冷や汗ものでした。
福島で生まれ育った小生でもそうですから、四駆は万能だと勘違いしてぶっ飛ばす関東ナンバーはアホですね。

大平って、住所的には福島県なんですね。県境はトンネルの中間地点にありますし。
しかし、今のように日配品に頼る生活ではないにしても、超不便な生活拠点ですね。

実は途中で大滝に寄って、誰も歩いた跡がないであろう雪道を撮影してこようと思ったのですが、天気が悪く、いい絵が撮れそうないので止めました。そうそううまくは行きませんね。
Posted by 散人 at 2012年02月16日 07:19
大平に最初入植したのは米沢藩士のようですが、現在の住所は茂庭の一部のようですね。
Posted by 紺野 at 2012年02月16日 12:30
私は高校卒業するまで住んでましたよ〜。
福島は本当にいいです!雪片づけがないのが一番!!
何よりも春が待ち遠しかったです。
最初に土を見るのは、小川の土手でした。
ふきのとうの緑と茶色が春の訪れでした。
Posted by グランマ at 2012年02月18日 19:39
あれっ?
グランマさんは高畠のブドウ畑で育ったんじゃなかったんですかw?
でも、雪は同じでしょうけどね。

米沢での滞在時間は2時間ちょっとなんですけど、帰り道で、来る時と同じ人が雪の始末をスノースコップでしていました。
ずっとやってたの?・・と空恐ろしくなりました。
Posted by 散人 at 2012年02月19日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。