2005年03月21日

平安の花見の宴?

二ッ小屋隧道の入り口に荷物を置き、カメラだけを持って中へ入った。

それは、隧道の中ほどにある七夕飾りのようなツララの後へと回り、
入り口方向を向いてシャッターを切っている時だった。

turara5

水琴窟のような高音の水の滴る音がしていたのは
気づいていたのだが、その音に雑じって、
後方から女性の笑い声のようなものが聞こえるのだ。
優雅に笑っているような響きだった。

一瞬、「米沢口から誰か来るのか」と考えたが、
そんなことはありえない。
ここまでの雪上の足跡は自分のほかには無い。
背中がざわついた。

ゆっくりと米沢口を振り返る。
誰もいる訳ではない。
一人だとありもしない音を聞いてしまうのだろう、と自分に
言い聞かせ、また撮影にもどる。

すると、今度は何かしら喋っているような音が聞こえる。
小生に話しかけるというのではなく、誰かと談笑しているような・・
イメージとして言えば、
緋毛氈を敷いて、平安の世の女官が花見の宴でもしているような・・
小生の存在に気づかず、寛いでいるような、そんな感じであった。

やはり万世大路が大好きな「おばらさん」は、
そのサイトの中で詳しくは書いていないのだが、
この廃道で不思議体験を二度ほどしているそうである。
そんなことを思い出した。

寒さのため、充電してきた電池が黄色信号を出し始めたのを機に
そっと、その場を離れることにした。
平安の世の女官たちの邪魔をしないように、そっと、そっと・・


posted by 山口屋散人 at 21:45| Comment(5) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お会いしてしまったんですね・・ついに。
栗子の妖精達に。(゚∀゚;))((;゚∀゚)

次回は、妖精インプレッションお願いします。
Posted by 樋口雅明 at 2005年03月22日 22:46
ひょっとして、背中にしょっちまったかなぁー。
でも、
悪意は全く感じなかったですよー。
まぁ、常識的に考えて、小生のキモッタマが小さいために
聞こえたような気がしたんだと思います。

樋口さん、今度は貴方が行って確かめてきてください。
(トンネルは魔界ですぞー)

Posted by 散人(管理人) at 2005年03月22日 23:51
お。
アクセス解析で散人さまの所からが多いと思ったら(^-^;;

「同明相照同類相求」といいますし、
山口屋さんの静かな思いがそうさせたのかもしれません。

Posted by おばら at 2005年03月23日 21:50
不思議体験など書くべきにあらざる事かも知れませんが、
おばらさんに何があったのか、聞いてみたいものです。

ところで、小生、漢文不得意科目なり。
前半の部分が分かりませぬナリ。

Posted by 散人(管理人) at 2005年03月24日 20:40
「同明相照同類相求」
明を同じくすれば相照らし、類を同じくすれば相求む、という易経の言葉です。

不思議体験・・・
大平の先で何かを見たのです。悪意は感じませんでした。
疲れていたんでしょうね。

今年もまた遠征したいです。
Posted by おばら at 2005年03月27日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック