2012年03月03日

本物はエエ

DSCF2485.jpg DSCF2486.jpg DSCF2497.jpg

赤が本物で黒がまがい品。
米のナイフファクトリーメーカー「Kershaw」のカラビナナイフなのだが、黒には
その銘が無いので、百l偽物とは言えないかもしれない。(99l?)

黒の値は煙草一箱分、赤の定価は4800円(実売価格は半分程度)。

実は偽物のほうを面白がって先にChinaから買ったのである。
意外と使えそうなので、本物のほうを国内で後から買ったという次第。
並べて見ると材質、手触り感など、段違いと言うべきのものだった。

先日の「二ッ小屋隧道氷柱見学」に同行したのは、もったいないから
もちろん黒の偽物の方。これはこれで使い道がある。
posted by 山口屋散人 at 08:23| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた買ってしまったのですね(笑
いったいどんな場面でどんな用途で役に立つのか、
いまいち想像ができません。
私はWENGERのハイカーを愛用しております。
Posted by TUKA at 2012年03月03日 20:02
痛っ!!
女房と同じことを言われてしまったw。

確かに、何に使うんだー!ですよね。
持って歩くだけで、ほとんど出番はありませんが
(それが一番いいのですが)
藪歩きには一本はないと不安ですね。
一本あれば出来ることは沢山ありますし。

ウェンガーのハイカーがあれば、大概のことは間に合いますね。
小生は何故かウェンガーとビクトリノックスは縁が無いんです。
別に嫌っているわけではないのですけどね。


Posted by 散人 at 2012年03月03日 21:15
よく見ると波刃は偽物の方がそれっぽいですね(笑
ザクザクと切れそうです。
波刃もご自分で研いでるんでしょうか?
上記の2社では研ぐのではなく、ブレード交換なんだそうです。
なんだかな〜・・・。
Posted by TUKA at 2012年03月05日 22:33
なるほど、セレーションの映りが良くありませんね。
本物の方がもちろんダンチです。
(小生の撮り方が不味いでしたね)
基本的にナイフは研ぎません。
刃先の形状をカスタマイズするほどマニアではないということもありますが、まず使いません。備えるだけです。
お散歩でよく使うのはナイフでなく剣鉈ですが、それは時々研ぎます。鉈での使用を7割として研ぎます。
だからナイフも一つ予備として携帯します。
でも、本当に出番は少ないです。
波刃は紐などを切るのに便利だし速いですよね。
ただし、どうやって研ぐのか知りません。
Posted by 散人 at 2012年03月06日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。