2012年04月24日

松川事件の現場へ

在来線に乗ると上下とも松川駅と金谷川駅の中間地点でチラッと松川事件の
記念碑等を見ることができる。
が、在来線は何年も乗っていない。
車で行ってちゃんと見てみることにした。

昭和24年に起き機関士3人が死亡した全国的な有名事件だ。
前年の庭坂事件も同じく3人の死者を出しながら全く忘れ去られている。
それに対して、この事件を有名にしたのは20名の逮捕者を出したことだ。

「旧4号線から美郷団地に入り、そのまま陸橋を渡ると下に記念塔が見える。」
その情報だけを頼りに、後は現地で何とかしようと出かけてみた。

陸橋から塔が見えたので、Uターンして団地に戻り、何とか見える所を探す。
ヤブが邪魔だったので、がさがさかき分けて行くと、慰霊碑が真下にあった。

P4221715.jpg P4221716.jpg P4221721.jpg

農道のようなものがあるので、車でも行けるはずである。
と言うことは踏み切りを探して・・
ナビを最大限に拡大して、この辺りと見当をつけ南下する。
実に分かり難い。
踏み切りがあったので、すぐ左折する道を選択し正解。

事件とは無関係ながら、何とも言いがたい大石が途中の畑にあった。
道祖神ということだが、石の他は何もそれらしい物が無かった。

P4221723.jpg

殉職慰霊碑とお地蔵様、少し離れて労組による「謀略忘れまじ松川事件」の碑。
この碑文に、先ごろ話題になった「暴力装置」という単語が出てくる。
この碑は1999年建立とあるが、その当時もこんな言葉を使っていた・・?

P4221734.jpg P4221730.jpg P4221739.jpg

記念塔の方へ行ってみる。
軽自動車でないと行けないような農道である。

P4221755.jpg P4221754.jpg P4221760.jpg

この塔は裁判を支援してきた人たちが建てたものらしい。
広津和郎が碑文を書いたとある。
公園(松川記念塔公園)とあるが公立の公園とは違うような気がする。
東屋などもあるが、寛げるような雰囲気ではなく何か変な場所だ。
何故、この場所なのかというと、正面に事件現場である上り線のカーブが
良く見渡せるからであろう。(現在は下り線)
この記念塔公園まで車では入れない。
駐車場は無いし、そのままバックで戻るようになる。
危なそうなので、車を置いて歩いて正解だった。

P4221770.jpg


posted by 山口屋散人 at 07:53| Comment(4) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 1度行きたいと思っていたけど、未だ行っていない。この次ぎ行くとき連れていって下さいね。
 さて、あの事件のX刑事の息子とは小学校同級生でお友達だった。Y被告の息子とは同学年クラス違い、自宅がわりと近くで、映画(「手をつないで」)のロケの時は、渡辺美佐子さんが来ていて見に行った。別の映画「にっぽん泥棒物語」の主人公、土蔵破りの名人・にせ歯医者(配役三国蓮太郎)は事件の真犯人謀略部隊を現場近くで見たという。そのにせ歯医者さんは刑務所の常連だったようで、看守だった父親がよく覚えていました。その試写会に三国が来福、試写会後の座談会でお話ししたことを思い出しました。長くてすみません。
Posted by 黒パン党 at 2012年04月24日 11:08
小生も一度行ってみたいと思いながらも、なかなか実現しませんでした。
今度、何かのおり近くを通ることがあれば、行きませう。
一度行ってしまえば、割合簡単に行けます。
「にっぽん泥棒物語」
DMMでレンタルできるみたいなので、借りてみようかな・・
なんて思っています。
ストリーミング配信してくれれば簡単なんですが、やってないみたいで・・
Posted by 散人 at 2012年04月24日 19:16
初訪問でしたか。
かく言う私も数年前に一度だけ行ったきりです。
八丁目宿の六地蔵道標に彫られた相馬道を探索する途中で寄りました。
車道となった古道沿いにひっそりと水芭蕉の群生地があったりして、とても良い風情でした。
鮎滝渡船場を経由し、疣石峠を降りてきた富岡街道と合流するのだな、
と想像しただけでレポにはしてません(笑
Posted by TUKA at 2012年04月26日 21:55
おお、そう言えば疣石峠を下る細道を歩いてみようというプランを忘れていましたよ。川俣の氏家粂八の墓参りもせにゃならんし、あっち方面に行けば行ったで宿題は尽きないもんですね。
Posted by 散人 at 2012年04月27日 08:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。