2012年04月30日

いざ従えて鬼退治へ

DSCF4992.jpg DSCF4994.jpg

自宅からすぐ近くの阿武隈川へと散歩に出た。
川向こうはゴミ焼却場があり、こっち側は下水処理場がある。
市内のゴミや汚水がここら辺で処理されるわけだ。
下水処理の方はセシウム高濃度の汚泥がたまりに溜まっているはずだが、
どう片がついたのだろうか。
向かい側の焼却場にしても、吐き出す煙の中にセシウムが入ってない訳がない。
ま、そんなことは考えないようにして、散歩を続行する。

突然、隣の女房どのが「あ、雉の鳴き声だ」とのたまう。(何で知ってんだ?)
「けーんけーん」と鳴くのが雄の雉だとのこと。
小生の耳には「くぇーんくぇーん」と聞こえる。
音のする方向に目をむける。

DSCF4986.jpg

目をこらすと、居た居た。

DSCF4974.jpg DSCF4987.jpg DSCF4990.jpg

野生の雉を見るのは初めての経験なのだが、この日だけであちこちに三羽もいらっしゃった。

posted by 山口屋散人 at 22:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。