2005年03月31日

窮余の一手?

「お奨めは何ですか?」

女房はこう聞かれるのが嫌いである。
(うちは寿司屋さんじゃないんだから、
今日は活きの良い○○が入っているよ、
なんてことは無い・・・と思っているラシイ)

それにこう聞くお客さんは大抵初めての人だ。
店がボロイものだから、多少なりとも侮りのニュアンスが
感じられる場合もある。

小生がたまたま聞かれることもある。
小生の返事はいつもこうだ。
「まぁー、旨い物もないかわりに、不味くて食えない物も
ないと思いますので、お好きなものを、としか
言えないですねー」
やり取りを聞いている常連のお客さんはニヤニヤしている。

で、こういうお客さんの半分以上は[味噌らーめん]を頼む。
(ホラ、お出でなさった。不味くとも何とか食えるだろう、
と思うらしい。小生も知らないお店でよく使う手だ。
でもねー、生蕎麦の看板見なかったのねー)

先週の日曜日。
梁川町から山舟生を通って丸森町方面を車で走ってきた。
途中でお腹が空いてラーメンを食べることにした。
もちろん、味噌ラーメン。

benees

posted by 山口屋散人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック