2004年07月09日

しゃチョー?

二十数年もこの商売をやっていると、
けっこう傑作な場面に遭遇することもある。

数年前の話。
県内各地に支店営業所を持つ某自動車ディーラーの
社長さんが一人で来店。
蕎麦を食べているところへ、中年と若手という二人連れのお客さんが来店。
中年のお客さんのほうと知り合いらしく、同席となり親しげに話をする。

中年のお客さんは態度も言葉遣いも丁寧に応対。
若手のほうは(このオッサン何者じゃ?)と言う風にポカーンとしている。

社長さんが先に「じゃァー」と勘定をすませてお帰りになった。

その後、若手が中年のお客さんに聞いた。
「今の方、どちらの方ですか?」

中年のお客さん、見る見る血相を変えた。
「バカッ!うちの社長だ!」

ちょうどテーブルを拭いていた女房、
笑いをこらえながら調理場に駆け込んできた。


posted by 山口屋散人 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | MEN類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック