2012年07月18日

シラガジジイって、えっ俺のこと?

DSCF0504.jpg DSCF0509.jpg

蛇も毛虫も嫌いではない。
ただ好きなわけではない。異常に怖がることはないという意味だ。
こんな毛虫を初めて見た。
でっけー!
ただし色は非常に綺麗だ。
動きが早くて、カメラの焦点がなかなか合わない。
でも大概の場合、綺麗な毛虫は成虫になると汚い蛾になることが多い。

DSCF0498.jpg DSCF0534.jpg

この御不動様の右脇の木にいっぱい付いていた。
そして木の下にいると時々ポタッと落ちてくる。
もぞもぞしながら、元に戻るべく地べたを這い出す。
虫嫌いの人にとっては、これは絶好の環境設定だ。

少しく、この毛虫を調べてみた。

この毛虫の名前はヤママユガ科のクスサン(楠蚕)。
幼虫はシラガタロウ、又はクリケムシ、シラガジジイと云われる。
体長は80mm。無毒。
繭がカゴ目状とちょっと変わっている。

konchu22.jpg (社)農林水産食品産業技術振興協会HPより

00050-1.jpg 成虫はやっぱり蛾そのもの


posted by 山口屋散人 at 20:52| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。