2005年04月07日

White?

white

「White」というウィスキーは懐かしい。
学生時代はもっぱらコレだった。
当時の酒屋さんの売価は1000円で
スナックでボトルキープすると2000円だった。

調布市の仙川にある「ぷあぷあ」というスナックの常連だった。
そこの近くに駒大の野球部合宿所があるらしく、
福島出身(矢吹町)の中畑とよくいっしょになった。
馬蹄形のカウンターで、何かの話のとき、
同じ福島県出身ということで話をするようになった。
彼は当時から陽気な男でノーオケで唄う芸達者だった。

10年ほど前、そこを訪ねてみた。
すっかり店は変わってしまったが、存在していた。
中畑のバットやユニフォームなどが展示してあり、
さながら中畑清記念館の趣であった。

何年か前、「White」の旧ビンを老舗の酒屋さんで見つけた。
学生時代の匂いがする。
今の「White」は味気ない。値段も当時より安くなってしまった。
時々思い出しては、詰め替えて飲んだりしている。
当時の羨望はダルマだったのだが、
なぜこんなに夢もチボーも無い酒になってしまったのだろう。
開高健が生きていたら、嘆くだろうな。

posted by 山口屋散人 at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「white?」3連発ですね。よっぽどお好きで(^^;;
最初の記事にコメントつけときます。
新旧並んだホワイト、旧いほうには私もお世話になりました。
「白」とか「角」とかいったりして。どちらも「赤」よりは上でしたし。
ところで、ボトルの背景に眼が行きました。
メガネが二つ有るように見えるのですが。
左手に有るのはサラダでしょうか。奥のほうに空いた皿には大根おろしの残りがあるようにも見えます。なんでしょうね、サンマの季節でもないし。ボトルの後ろにあるのは金属製の灰皿?でしょうか。散人さん煙草吸います?
しかし、なんといっても長短様々な箸やスプーンが立った箸立てが生活感を醸し出してます。
箸立ての向こうには筆立て?ですか。厚表紙のノートらしきものもあって、・・・わからないのは旧い「白」の右肩から覗いている銀色のもの、なんでしょうね、わかりません。
おやおや、頭に丸い球のついた茶色い棒、もしかすると編み棒でしょうか、マドラーかなぁ。
可愛らしいニンジンの絵の描いてある白い箸立ての左側、漬物を入れる容器のようにも見えるビンのその前に横たわる金色のモンは、なんでしょうね。
ちょっとまった、卓袱台の右奥、マガジンラックの手前、ジーンズの上にあるのは、猫さんですか?
テレビの画面が半分しかないので番組は推測不能でした。
今日はすっかりピーピング・トムに化したGyutoでありました。この推測、採点してください、散人様。
Posted by gyuto at 2005年04月07日 09:22
ウヒャッ、ハズカシー。(モザイクかけるんだった、我家の恥部だったんだっけ)

以前、NHKでそんな推理番組がありましたっけね。(部屋の主の職業を当てるという)

ここは我家の食卓であり、小生の小物置き場であり、書斎でもあり、夜は猫マダムBARに変身する処です。
ごちゃごちゃした箸立てや筆立ては我家の豚嬢どもの置き土産です。
ちなみにこのテーブルは、新旧土湯街道の交差する処にあった「ドライブイン○○」さんで使われていたものです。

それにしても怠惰な猫ホステスですね。
こんな処で寝ていたとは。
Posted by 散人(管理人) at 2005年04月07日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック