2006年12月01日

墓参り

過日
「盆地のタクシードライバー、あづまエビス」さんの
お墓参りをしてきた。
前もって、場所はSkannnoさん(エビスさんの親友)に
聞いていたし、お墓の画像ももらっていた。
場所はエビスさんの所属していた消防団の分団長のお寺であった。

不思議なことに寺門をくぐったときから、その場所が分かった。
何となく、あぁ、あそこだな、と思ったのが正解だった。

亡くなってから、そろそろ十ヶ月だ。
戒名は「賢哲弘章居士」
ずっと気になっていた墓参りができた。

賢哲弘章居士
posted by 山口屋散人 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
skannoです。どうも有り難うございます。
僕の中学から大学までの思い出には、
サイクリング・登山など、あずま・エビス氏と
一緒の場面が多いです。エビス氏の著書によく出てくる**とは私です。
エビス氏は、いつか、自分は白鳥になりたいと言ったことがありました。
そういえば、先日、関西でもNHKが阿武隈川に白鳥が来ている様子を放送していました。
Posted by skanno at 2006年12月02日 15:48
「盆地育ちの発想」というエビスさんの著作を
私もいただきました。部分読み、ななめ読みでしたので、
早速ちゃんと読んでみたいと思います。

山登りなども一緒になさっていたのですか。
エビスさんには高校の時だという、安達太良山の
八紘一宇の石碑によりかかった画像を、私の画像
掲示板に投稿してもらったことがあります。
(掲示板は止めましたが画像は保存してあります)
ひょっとするとその時一緒だったのかも、ですね。
Posted by 散人 at 2006年12月02日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック