2012年09月11日

インシデント(小事故)?

DSCF2688.jpg

昨日未明、寝ていて腰のあたりに痛みを感じた。
寝相が悪かったかと姿勢を変える。
だが楽にならず、変な痛みだ。
寝ながら、何だっけ、この痛みは・・? と考える。
げぇ、もしかして・・

2001年の春、尿路結石というものをやって、三日ほど苦しんだ。
その時の痛みだ。
台所にうずくまり、じっとしていたが、油汗が流れる。
家人を起こし、ロキソニンという鎮痛剤を服用。
冷やしてはいけないらしいが、前回も少し楽になったのでタオルで冷やす。

じっと痛みに耐える。
一時間もすると楽になってきた。
石が移動してくれたのか?
しかし膀胱に突入するときの痛みも相当なものだった筈だ。
今回はそれがなく、すーっと痛みが消えた。
痛みに耐えて腹筋、背筋が硬直していたので、その後遺症はある。
ともあれ、あの特有の内臓の痛みは消えた。

一つのアクシデント(大事故)の影に29のインシデント(小事故)があり、その影には
300のイレギュラー(異変)があると云われる。
これがインシデントの一つであれば、アクシデントを防ぐことは可能か。
なに、酒を控えればいいだけの話なんだけど。 ・・・ね。

猫

後日、記す。
この出来事が月曜日未明、そして木曜日の午前に結石が排出された。
特に痛みもなく、違和感から気づいた。
茶色でそばの実を一回り小さくしたような形だった。
(逮捕 → コレクション入り)



posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。