2006年12月11日

赤川滝

板谷トンネルの立坑を見学した後は、まっすぐ帰るつもり
でいたのだが、赤川の滝に行ってみることを思いついた。

しかし、地図を積むのを忘れた。
赤川自体は分るので右岸か左岸かの道路を走るしかない。
まず、右岸を先に走った。
それらしい案内も何もない。
それどころか、だんだんと川から離れていく。
あきらめて、左岸に移る。
やはり案内がないのは同じである。
赤川にある滝であるから、赤川に沿って走れば到着する
はずだ。分岐があれば、何かあるだろう。
ええぃ、ままよ、と万世大路とさして違わないような
狭い道を走る。
摺上浄水場の道路から分かれて、旧道を入り、
およそ4Kちかく走ると、やっと鳥居に出た。

赤川滝鳥居

普通乗用車では恐ろしくて走れないような道だ。
だから案内板などないのかもしれない。

滝はなかなか見応えのあるものだった。

赤川滝1

下は戦前の絵葉書にある赤川滝である。

絵葉書赤川滝1
posted by 山口屋散人 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック