2006年12月25日

信夫山から

信夫山の羽黒山神社には絵馬を奉納する箇所が
用意されている。
社務所が開いているわけでもないので、いつ、どこから
誰がこのように絵馬を奉納するのか、ちょっと分らない。

何気なく見ていると、ちょっと切ない絵馬が。

絵馬1

字面からすると、小学校の低学年だろう。
そんな歳から人生の苦衷を味わっているとは不憫で
この子の幸せを祈らずにはおられない。

          雨

藪歩きをしていたら、思いがけずコシアブラを見つける。
春に芽吹く準備がもう出来ているようだ。

コシアブラの芽1
posted by 山口屋散人 at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WOOH!、懐かしい景色ですなぁ。
実はですね、社会奉仕で寅パパが初めて感謝状をいただいたのも、某付属幼稚園の恐るべし全速坂下りのスタート地点もそのあたりだったような・・・。
Posted by 寅パパ at 2006年12月25日 22:54
子どもは正直。
荒波に飲み込まれないよう祈らずにはいられません・・・(ノ_`)


そういえば、今年の年末お店は何日まで営業しているのですか?
何時の日にか、納豆蕎麦を・・・
Posted by おばら at 2006年12月25日 23:08
>全速坂下りのスタート地点もそのあたりだったような

そげな恐ろしいことをやっていたのですか、驚嘆!

>年末お店は何日まで営業しているのですか?

年末が書き入れ時と普通は言われておりますよ。
(休みてぇ〜)
納豆蕎麦は寒いです。
Posted by 散人 at 2006年12月26日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック