2004年07月19日

ボロ我が家にて

真向法自体はだいぶ以前から知っていた。
ただ、
真面目に取り組むには時間を必要としたのだ。
(本来、人間がマメに出来てない)

取り組み始めてから一年と4ヶ月。
錆付いた体がようやくギコギコと動き始めてくれた段階。

dai3-1

一番苦手とする第三体操である。
両足の角度は150度まで広げるとある。
(それ以上は真向法でなくなる、らしい)
写真で見るとけっこう広がってきたが、まだ20度くらい足らないようだ。

dai3-2

この姿勢で胸が畳に付くようになるまでは、
果たして何年かかるのやら。

あぁー、先のことは考えず、黙々とやるか。

posted by 山口屋散人 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック