2007年02月04日

信夫山の羽山の古井戸

先週、F班長と信夫山歩きをした時、小生の不確かな記憶
(ここいら辺に古井戸があったはずだ、という)のために
登ったり下ったり、F班長に難儀させてしまった。
結局見つからなかったのだが、確かにあるはずだった。

古井戸DSCF0538.jpg

公園整備という名の乱開発のために、由緒ある構築物が
存在するのか、失われてしまったのかどうか、
今日は月山の駐車場まで車で行くという安直さであるが
気になるのでちょっと確認に出かけてきた。

座禅石DSCF0522.jpg

調べてみるとこの空海が座禅をしたという(する訳もないが)
座禅石の東側に存在するはずである。

東斜面DSCF0524.jpg

登り下り、辺りを二往復したが、発見できなかった。
30数年前であるが、ごく普通にあっさりと見つかる所に
あったはずだ。
上の井戸の画像は昭和60年出版の本からとったものである。
さすれば約20年前の姿であるので、勘案してもそれほど
荒れ放題というわけでもあるまい。
道路を拡張したのかどうか知らないが、そのためにつぶされて
しまったのだろうか?
井戸の傍には「水神」の碑があるので、それはなかろうとは
思うのだが・・甘い考えか・・
少しく調べてみようかと珍しく考える。
posted by 山口屋散人 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック