2007年02月19日

一休さんのチエ?

午後まで雨にたたられた日曜日。
特に予定していたことはないが、何となく残念。
しかし
こういう日にはやるべきことがある。
図書館に時間を費やせる。

十数年前に出版された郷土史フィールドノートのような
冊子があるのだが、すでに絶版。
版元に問い合わせをしてみたが、在庫なし。
貸し出し禁止本なので、図書館でコピーするしかない。

図書館でのコピーは著作権法とのからみもあり、
面倒な手続きを必要とする。
おまけに色々と制限もある。
二分の一以上のコピーは禁止されているらしい。

つい、図書館司書?のオネエチャンに
「これ、絶版なんで手に入らないんだけど、全コピーしても
いいかな?」なんて聞いたのが間違い。
「二分の一以上は・・」と言うので、「じゃあ、日をあらためて
半分ずつやればいいわけ?」と聞くと、それもダメだそうだ。
スーパーの特売みたいにお一人様二分の一限り、らしい。

「じゃあ、誰か呼んできて、もう半分コピーさせれば良いわけね」
と言うと、首をかしげている。
「タテマエはともかく、実際にはどうなの?」と聞いても、困って
返答を保留する。ついには内線電話で上司の判断を仰ぐことに。

「出版元が全コピーを許可したという証明書を持ってくれば、
全コピーしてもよろしい」という御判断だった。
役所の判断なんて、どうせこんなもんだ。
「全コピーしてもいい?」なんて聞いた小生がアホ。

「わかりました。では、二分の一コピーをします」
ということで、コピーを開始。(一枚20円なり)
つい、手がすべって、強引に全部コピーする。

B4の表刷りだけの冊子で紙数は約80。
途中で何か言われたら、こう言うつもりだった。
「裏の白紙のところはコピーしないから、ちょうど二分の一だよ」


DSCF1368.JPG
posted by 山口屋散人 at 03:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オネーサンいじめ、イクナイ!(`・ω・´)
「暗黙の了解」ってヤツでしょうね(笑

しかし20円は高いですね。
郡山は10円です。
紙質、解像度はコンビニ以下でしたが・・・。
Posted by TUKA at 2007年02月19日 19:39
ナヌ? 郡山は10円?
でも、拡大縮小は出来ないけど、コンビニ以下で
はなさそうだから、ま、いいか。
Posted by 散人 at 2007年02月19日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック