2007年02月21日

暖冬の影響はここにも

昨日は早仕舞いして、飯坂温泉の某ホテルへ。
食品衛生指導員協議会の研修と言う名の(モソモソ)。
午後2時まで営業して、のれんを入れるつもりだった。

いつもより少なめに打った蕎麦ではあるが、この暖冬。
冷たい蕎麦が止まらない。

bvDSCF0017.JPG

冷たい蕎麦 → 大盛りが多い → すぐ無くなる

結局、2時まで持たず、1時15分には店終い。
こんな冬は初めてだ。

DSCF1376.JPG

例のごとく、調子に乗って「飲みすぎ」。
本日は家人に
「いくつになったら酒の飲み方、おぼえんだぁ〜!」
と、バ声を浴びながらの一日となる。
posted by 山口屋散人 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

暖冬の影響はここにも
Excerpt: 山口屋的文化MEN類学:|暖冬の影響はここにも いつもより少なめに打った蕎麦では...
Weblog: TAK@LOG
Tracked: 2007-02-21 21:12