2013年06月08日

福島 東北六魂祭 脱出の記 その1

東北六魂祭の前日夜、福島を逃げ出す。
宛ては無い。とりあえず、荷物を車に積み込み13号線を走らせる。

米沢到着は22時ころだった。
ファミレスに入って夕食をとる。
地図を広げながら、何となくどこを彷徨うか決める。
キーワードは日本海、鳥海山。
して本日のお宿は「道の駅 白い森おぐに」

DSCF0769.jpg DSCF0771.jpg DSCF0775.jpg

翌朝、村上市に出て、海岸線を北上する。
朝食はコンビニで購い、適当な浜を探して食す。
又、道の駅があれば必ず寄ることにして種々用をたす。

DSCF0776.jpg DSCF0777.jpg DSCF0795.jpg

目的地の一つ、鳥海山が海の向こうに見える。
昭和天皇のおっかさんの貞明(この時は皇太后)さんがここで眺めたらしい。
確かに絶景だ。

DSCF0797.jpg DSCF0799.jpg DSCF0801.jpg

酒田市に出れば、本間様は外せない。
美術館、本邸、別邸と見て歩く。(見学料一人1400円だった)

DSCF0806.jpg DSCF0810.jpg DSCF0808.jpg

ついでに一寸北上して、国指定重文の青山邸を見てくる。

DSCF0813.jpg DSCF0844.jpg DSCF0846.jpg

鳥海山の中腹を走る道路がある。
そこを走ってみることにした。

DSCF0848.jpg DSCF0849.jpg DSCF0851.jpg

秋田に抜けずピストンで酒田方面に戻る。
近くの十六羅漢を見学していると、ちょうどにサンセット。
日本海に沈む夕日を堪能。

DSCF0865.jpg DSCF0870.jpg DSCF0879.jpg

かくして 6月1日は暮れた。
今晩の寝床を探さねばならぬので、地図とにらめっこをする。
posted by 山口屋散人 at 20:06| Comment(2) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
脱出は正しい選択でしたね。
うちは土曜日朝にチョコツと営業しただけで予想通りの閑古鳥。
日曜日は臨時休業して、土湯にいって珈琲のんできました。
会議所と商店街に義理立てして空けたのは良いが、決断力不足で悲しいです。
Posted by ひげとはさみ at 2013年06月09日 13:02
土湯の珈琲って、もしかして穴+工cafeだったりして。
一度寄ろうかと思ったのですが、場違いじゃないかとか、気後れが先にたって入れませんでした。年寄りを自覚しましたです。
Posted by 散人 at 2013年06月09日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。