2013年06月12日

福島 東北六魂祭 脱出の記 その2

6月2日。
明日から仕事も再開しなければならないので、少しでも距離をかせぐ。
前夜の泊まりは「みちの駅 とざわ」にした。
夜の到着であるので、翌朝になって眼下に最上川の雄大な流れがあり、びっくり。

DSCF0885.jpg
 DSCF0884.jpg

寄り道して消防団の旅行で泊まったことのある銀山温泉を家人に見せてやることにした。
家人の右脇にチラッと写っているのが、ジニーさんがかつて居た旅館である。

DSCF0890.jpg DSCF0898.jpg DSCF0892.jpg

この旅館街の人達は観光客と見ると挨拶の声をかけるようにしているようだ。
やたら愛想が良い。

DSCF0899.jpg DSCF0900.jpg DSCF0901.jpg

天童の道の駅は、やたら混んでいた。
海岸線の駅とは見違えるようだ。
この駅から見える山が、何となく信夫山に似ている。変な感じ。

DSCF0902.jpg DSCF0904.jpg

この後、天童ユピアという温泉施設でやっと風呂にはいり、各駅でお昼寝したりして
最終的には高速道路で福島まで帰ってきた。
福島入りは午後8時ころであったが、祭りの余韻はもう無かった。
スバラシイ。
posted by 山口屋散人 at 19:04| Comment(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。