2013年07月16日

ここにも八重

S0041203.jpg

「福島県の花」は石楠花であるが、詳しくは変異種の八重白山石楠花がそれだ。
1904年(明治36年)に発見された場所(不動沢から家形山への途中)で見たかったが
雨が降ったりやんだりという天気に断念。
とりあえず、スカイラインを登り浄土平へと向かう。

ちょうどお昼時なので、レストハウスの2階のレストランで食事をとる。
(好感の持てるちゃんとしたレストランだった。)

DSCF1169.jpg DSCF1170.jpg DSCF1172.jpg

はっきりしないお天気でも、ヤエハクサンシャクナゲを見られる所がある。
桶沼のほとりにある吾妻小舎のそばにもあるらしいのだ。

小舎まで行ったのだが、よく分からない。
あきらめて帰ろうとしたら、テントサイトの管理をしているらしいおじさんが
戻ってきたので、さっそく教えてもらった。

DSCF1186.jpg

残念ながらここの花はピークを過ぎている。
咲いたばかりの花が、テントサイト★番の所にあると聞き、そちらに向かう。
その前に、ついでとばかり、ずうずうしく小舎の中を見学させてもらった。

DSCF1182.jpg DSCF1183.jpg DSCF1188.jpg

このエントリの冒頭の花がテントサイトのそれ。白色系のきれいな花だった。

発見から110年が経つ。
当時福島師範学校博物教室助手の中原源治が?となり、標本を牧野富太郎博士に送る。
新種だということになり、牧野が中原の恩師である福島師範教授根本莞爾の名をつけ
根本石楠花と名づけた。ということらしい。
一見すると麗しい話のようだが、当時の慣習なのかも知れないが、弟子の業績を
自分の業績に横取りしてしまったような印象を否めない。

posted by 山口屋散人 at 18:17| Comment(3) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ネモトシャクナゲ、改めて手元の図鑑で調べたら確かに「発見者の根本莞爾」にちなんだ名前と載っておりました。牧野博士の名前はありませんでしたけれども、恥ずかしながら初めて知りました。勉強になりました。
 昨日(15日)お店の前を通ったらお休みでしたが、いいところへお出かけになっていたのですね(14日かな)。
 
Posted by 黒パン党 at 2013年07月17日 09:03
宝塚の住人skannoです。
吾妻小屋には、今は亡きあづまエビス氏と高校3年の夏休み高湯から上がりにお世話になりました。ちょうどラジオで三沢と簑島の高校野球の試合を中継していました。
また2001年の夏にも彼と一緒にご厄介になりました。五色沼もきれいでした。野地まで下りて、風呂に入って,福島交通の定期バスで帰りました。そのあとはスナックで山の上より盛り上がり、夜行動物かと思いました。そのスナックはどこか思い出せません。
Posted by skanno at 2013年07月17日 13:39
黒パン党さん

14、15と連休したのですが、ここへ行ったのは15日です。
海の日なのに山へ行くとは何事か、ですね。
この時期を逃すと、また来年まで課題を持ち越しになるので
頑張って出かけました。
また一つ、宿題が減ったのは良いのですが、何か焦っているみたいで、
ひょっとしてあまり先が無いのかなぁ、なんて思いもあります。


skanno先輩。

エビスさんの例の盆地の本に書いてありましたね。
高校3年の夏にさすがだなぁ、こういう青春もあるんだなぁーと思ったものです。

エビスさんが亡くなってもう7年が過ぎたんですね。
寂しいですね。
お盆には近くの寺に行きますので、ちょっと寄ってお線香上げてきますね。
Posted by 散人 at 2013年07月17日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。