2013年08月07日

ホームレス車中泊5回目の旅 その2


雲海を見られただけでもラッキーだったが、さてこれからどこに行こうか。
道の駅の開店した店から案内地図をもらってきて、考える。
一番近い観音沼森林公園にとりあえず行ってみることに。

DSCF1264.jpg DSCF1276.jpg DSCF1278.jpg

ここもキノコの多い沼地だ。つい気になってパチリ。

DSCF1268.jpg DSCF1271.jpg DSCF1275.jpg

ここから3キロほど奥に「日暮の滝」というのもあるらしいので、行って見る。

DSCF1289.jpg DSCF1283.jpg DSCF1287.jpg

帰りがけ、滝までに至る途中に案内板があったのをじっくりと読むことにした。
先ほども車を止めて一応読んだのだが、辺りを見回しても石碑は見当たらなかった。

DSCF1290.jpg

「つづら折りの坂を登りきり、下る坂を奥州駒返坂と呼んでいた」とある。
「旧道は現道よりも東側に位置している」とあるが、東側の山側を見ても、道など
なさそうだし、悪いことに谷側にはっきりとした道が続いている。
「登りきり下る坂を」の表記から、さてはこの道を下った所にあるのかと判断。
5分ほど下ったが、何も無さそうで何かの作業道と思わざるをえなかった。
戻って、もう一度案内板を読む。
一番下の矢印がどこを指しているのか、右から見、左から見した。
山側をじっくり観察すると、道の痕跡はないが石碑らしいものが目に入った。
国語のテストをされているようで時間を食ったのは、小生の国語力の問題か。

DSCF1294.jpg DSCF1292.jpg


田島町から舟鼻峠を抜けて、トンネル内の交差点を久しぶりに・・と思ったのだが、無い。
新しいトンネルを通ったらしい。ともあれ昭和村の「からむしの里」へ。

DSCF1301.jpg DSCF1300.jpg DSCF1298.jpg

10年前の消防団の旅行の時は買わなかったので、玉梨とうふを購入。
ダイハツミゼットはまだ有った。

DSCF1303.jpg DSCF1304.jpg


道の駅かねやまに寄って休憩。
前回、日差しの関係でうまく写らなかった慰霊顕彰碑を撮影。
郵便配達で殉職された方々の慰霊碑だ。
明治39年から平成6年までで13名が犠牲となっている。
いかに雪が深く厳しい冬であるかという悲しい証明である。

DSCF1307.jpg

帰りに磐梯町の道の駅で、初めてこういうのを見つけた。

DSCF1310.jpg DSCF1311.jpg

時代は徐々に「じぇじぇ!」

posted by 山口屋散人 at 19:04| Comment(3) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駒返坂案内板の矢印は、どうやら斜面を上を示しているみたいですね。
私は藪が薄い時期に行ったので石碑はすぐに見つかりましたが、
それでもその前を通る旧街道は痕跡薄めでした。

会津中街道は一里塚の残存率が高いのですが、廻られましたでしょうか。
かく言う私は杉ノ沢の一里塚ひとつしか発見できてないのですが(苦笑)
現在は藪が刈り払われ、案内板が設置されたりと整備が進んでいるようです。
Posted by TUKA at 2013年08月07日 21:19
観音沼公園の近くにナントカの一里塚という矢印があったのですが、見渡したかぎりでは見えなかったし、軽い藪になってましたので、入りませんでした。なんせ半ズボンにサンダルという軽装ですから、蚊のえじきになっちまいます。そもそもここが会津中街道だなんて全く知らないで、単純に滝を見に行っただけなんです。
日暮れの滝からさらに奥に行くと、戊辰戦争の塹壕跡があるらしいですが、歩いてでも機会があれば行ってみたいですね。
Posted by 散人 at 2013年08月08日 15:48
当時那須大峠まで歩きましたが、大峠の一里塚は後日サニパンさんに、会津藩の塹壕跡は数年前に知りました。
私も何も見てないのです。
ただ峠の地蔵さんとニッコウキスゲの群落だけを見て帰りました。
Posted by TUKA at 2013年08月12日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。