2007年03月30日

我家的には初たんぽぽ

tannpopo3

同業者と顔を合わすと一様に
「どうなっちゃってんだろうねー?」となる。
どのお店も例年に無くヒマなのだ。

福島の場合、本競馬が始まるからかも知れない、と思って
いたら、今年は統一地方選の年だった。
そういう年の春は商売的には最悪だ。

我家のプランターには朝は咲いてなかったタンポポが
午後には陽光を浴びながら存在をアピールしていた。
たかがタンポポだが、今年初のものである。

水もぬるむ春のはずが知らぬ間に水道水がまた冷たくなった。
いつの間にか摺上ダムの水に切り替わっていたみたいだ。
貯水池ごと切り替わったので、個々の家々には案内が
回らなかったようだ。
この温度が夏まで維持できれば最高なんだけどな。
posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渡利の浄水所閉鎖のニュースやってましたね。
大正時代からあったものとは知りませんでした。
劇的においしくなった! なんてことあります?

郡山で水不足、なんて江戸以来聞いたことないのに、
三春ダムなんて造ったツケで、水道料金が日本一高いんだそうな。
さて、次は福島の番か(笑
Posted by TUKA at 2007年03月30日 22:34
元郡山市民としては福島市に戻って何がびっくりしたかというと、
水道料金の高さでした。
(もっとも下水道料金も合わせて徴収されるからかも)
それが郡山が日本一ですか、う〜ん。

ま、水が劇的に・・なんてことはないけど、
塩素臭のない冷たい水を、夏場に飲めるのを楽しみに、
という感じでしょうか。
Posted by 散人 at 2007年03月30日 23:38
はじめまして

突然のコメント失礼します。

私は「競馬大好き!!競馬情報ブログ」と言うサイトを運営しています。

そこでこちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

該当記事
http://blog.livedoor.jp/keibamaster/archives/50102138.html

Posted by 競馬大好き野郎 at 2007年03月30日 23:54
 渡利の浄水場が無くなるのですか。時代は変わりましたね。小学校の頃、見学に行った記憶があります。
 松齢橋を架けたのは、弁天山の上に設置された水道の貯水池から、福島市内に水道水を供給するパイプを通すためだということです。それで、松齢橋から弁天山の貯水池まで一直線の道がありました。
 こどもの頃、山すそから上まで、わざわざ急なその道を、粋がって登ったものです。
 弁天山にはもう桜は咲きましたか。こちらはそろそろ見頃です。
 関西の住人すかんのうより。
Posted by skanno at 2007年03月31日 08:34
お久しぶりのカキコです。
もともと荒町の住人だから、川向の浄水場の閉鎖はビックリです。跡地の再開発・利用方法が気になりますね。
福島では西のバイパスが四車線化になったり、郡山はマルイの撤退、会津では某有名温泉旅館の民事再生開始。
地元のニュースも可能な限りチェックしてます。
Posted by 寅パパ at 2007年03月31日 09:55
>弁天山の貯水池まで一直線の道がありました。

skanno先輩、
そのルートを小学校の時、登った記憶があります。
今はどこだったのか、分り難いし、車での通りすがりではよく見ることもできません。
配水管のルートだとは知りませんでした。おどろき。

寅パパさん、
久しぶりに帰ってきた友人などはずいぶん変わったね、などと言いますが、
住んでいる人間には、あまりピンとこないんですよね。言われりゃそうだね、という感じ。その場にいる人間には長い時間の経過と共に変化している訳ですから、鈍感になっているのかも、ですね。
Posted by 散人 at 2007年03月31日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック