2014年01月28日

ねぎ油と背脂と

DSCF3348.JPG

調理場の掃除をしていたら「ねぎ油」の小瓶が出てきた。
2012年の6月に喜多方市内をお散歩に出かけたのだが、
その折に求めた記憶がある。

何故こんな物を買ったかというと、ある人の言葉を思い出したからだ。
その人は、居酒屋で資金をつくり、らーめん店を数軒経営している。
彼が言う。
「客なんか馬鹿ばっかりだから背脂をたっぷり入れて、ねぎ油をばっかばっか
かけてやれば、旨い旨いって食っていくんだよ・・」

出かけると、蕎麦屋にはまず入らないが、らーめん屋さんには入る。
背脂とはあの細かいサイコロ状の粒のことだな、と分かったが、
ねぎ油とはどういうものなのか知らなかった。

これで、ねぎ油は手に入ったが、背脂は・・と。
食材屋さんに聞いてみると、レトルトになってあるという。
単位は1キロ。
試してみるだけなので、そんなにいらないが、千円前後とあまり
高くないのでもらってみた。

で、どんな味になったかというと、よく在る味のラーメンになった。
まるで特徴がない、旨くも不味くも無いという変なある意味不気味な味。

背脂はちょっとの間、冷凍庫の邪魔になっていたが、間もなく
ゴミ箱の中へ。
ねぎ油の小瓶はそこらへんをウロチョロしていたのだが、どこかに
潜ってしまった。
そういうことで、久々にご対面のねぎ油とあいなった訳である。

上記のらーめん屋さんの言を聞いたのは10年も前のこと。
幸い?その頃にちょっとした行き違いがあって、店に来なくなり縁が切れた。
それからこの10年で他県にもある彼の店が相変わらず繁盛しているのかどうかは
まったく知らない。

posted by 山口屋散人 at 19:12| Comment(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。