2007年04月13日

たかがオニギリ昆布

おにぎり昆布

表題通りたかが昆布ではある。
しかし今のところオニギリ昆布はこれが一番おいしい。
ちょっと値段は高い。
そのためかスーパーから締め出されることが多い。

スーパーの論理は需要が多い(売れる)のが善であり、品質や
味は二の次なのである。
そのため、ちょっと他と比べて値段は高いけど物は良いとか
際立っておいしい、とかいうものは、いつの間にか姿を消し
てしまう。

このたかが「おにぎり昆布」はだんだんと入手し難くなり
ついにはわざわざこれを求めて郊外のSCにまで足を運ぶ
ようになってしまった。

が、隣の魚屋さんに市場で仕入れてもらえることが分った。
さらにちょっと値は高くなるが、その分以上に楽チンである。

本日は「蕎麦屋」の看板を外して「おにぎり屋」にしようか
と言うほど、オニギリを作った。
13日の金曜日は「オニギリの日」? そんな訳ねぇか。

posted by 山口屋散人 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝見させて頂いております。
自分は某スーパーに勤めていますが、今の時代は売れない商品は次々と廃盤リストに入れられ、違う商品に代わってしまいます。
自分もなんでこの商品無くなっちゃうんだろう?って思う事が沢山ありますが、値段だけを見て商品に群がるオバ様方(失礼!)を見てると納得したりもします。
安い商品は、きっとヨン様来日と同じ位の威力があります。
…が、安い物には必ず訳があります…。
Posted by 昼行灯 at 2007年04月14日 00:51
昼行灯さん、ようこそ。ご覧いただき有難うございます。
それにしてもスーパーにお勤めの方に見られているとは思いませんでした。(汗)
しかし、スーパーの店頭に並ぶ商品が「悪貨は良貨を駆逐する」状態は何とかしてほしいですよね。
以前ちょっと高い(ごく僅か)けど、小生のお気に入りの豆腐があったのですが、なくなってしまいました。きっと売れないからだろうな、とは思っていましたが、ちょっと安いだけで相当劣る豆腐を食わなければならないのは面白いものではありません。
動向の鍵をにぎるおば様方の民度が向上することをせつに祈るしか方法がないのでしょうかね。
Posted by 散人 at 2007年04月14日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック