2007年04月14日

バス

臨時バス2

朝の通勤時間帯でもないのにバスが混んでいる。
「花見山」への臨時バスである。
信号待ちしている間だけでも見たことの無い模様の
観光バスが2台も通過した。
なんと花見山の人気の高いことよ。
リピーターもけっこういるとの話なので、それほど
素晴しいのだろうけれども、小生的には子供のころから
知っているせいかイマイチぴんと来ない。
というか、よく分らない。
観光バスで遠くから来るほど・・なんですか?という感じ。

臨時バス

我家にもタンポポが咲いたと喜んでいたら、いつの間にか
占領されそうな勢いに。
こいつらインベーダーかも。
posted by 山口屋散人 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渡利に住んでいたので、花見山はちょっと遠い裏山という感覚ですね。
自転車で行ったり遠足で行ったり、と馴染みの場所です。
「渋滞」とか「混雑」とは縁遠い所でしたが、
今では台湾、韓国からもツアー組んで団体さんがやって来るんですねえ。
Posted by TUKA at 2007年04月14日 22:24
えー!! 渡利に住んでいたんですかー!!
そりゃハツミミだ。

花見山は以前から市民には親しまれていて、渡利にある平野屋さんという蕎麦屋さんが、季節になると出店を開いていました。本宅の大広間なども開放していてくれたので、そこで休憩などもとらせてもらえたのですが、今はもうそうではないようですね。
市民の憩いの場から、東日本の桃源郷になっちまったのは福島市民として喜ぶべきや? ですね。
Posted by 散人 at 2007年04月15日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック