2014年04月02日

今年も桜を

DSCF3377.JPG

今年も桜を見られそうだ、という年齢になっている。
あと10日ほどだろうか。
信夫山は交通規制がなされるはずだから、どこから登るか?


posted by 山口屋散人 at 22:34| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日まで2泊3日で帰省しました。ともに90歳の両親を見舞うためです。父親は鎌田の施設に入って歩行リハビリ中でした。母親は認知症で共に妹夫婦が見てくれております。
暖かな気候でした。リハビリ施設というか、介護施設は全国的に目につきます。福島も例外ではありませんでした。一大産業ですね。
福島市内で除線中という看板を掲げて、散水してパワーブラシで道路を洗っていました。妹もあんなことをして何の役に立つ、とバカにしている風情でした。洗った水は側溝にたまるだけですな。
花見山に行きました。まだ桜は未だでした。
市役所は立派になりました。県庁は改築中、我が母校も改築中。福島の私になじみのある建物は消えてしまいますね。ひょっとして原発関係の費用の流用かと。ただまあ、ゴチャゴチャして、この町に都市計画というのはあるのかなと。もっと美しい都市作りをめざして欲しかったと。
Posted by skanno at 2014年04月03日 09:00
おお、帰省されていたんですか。遠いから容易ではないですね。
福島市も郊外へ行くと必ずメルヘンチックな建物が出来ています。老人のための施設で、小生などはその阿るような媚びるような建物が嫌いで、あっちの方を見ながら通ることにしています。まさしく一大産業ですが、参入する人や企業に何かと宜しくない話などがあったりすると、困ったことに余計に醜悪な建物に見えてきたりしますw。
Posted by 散人 at 2014年04月04日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。