2004年07月31日

あらら・・

「大変だ!煙突が倒れた!」と婆さんが騒ぐ。

そば釜は石油を使っている。
その煙突かと思ってちょっと慌てたが、違った。

enntotu

昭和48年ころまで、我が家のトイレは汲み取り式であった。
その頃市内中心部に下水道が整備され、水洗式になった。
これでも福島市内では早いほうである。
その汲み取り式時代の遺物の煙突である。(脱臭のための)
上の部分だけが残されていて、下側は切り取ってあるのだが、
30年間そのままになっていたのだ。
それが今日、取り付け金具に寿命がきたらしい。

おかげで明日の休みは、これで潰れる。あにはからんや。

posted by 山口屋散人 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック