2014年05月09日

想像が当たったか

先日、三羽の白鳥さんが居た親水公園。
何らかの事情で一羽が飛べず、付き添いしているのは家族の二羽だろうが
やがて飛び立つことだろう、と勝手な想像をしていた。
当たってほしくない想像だったが、そうなってしまったようだ。

DSCF3393.jpg DSCF3394.jpg DSCF3396.jpg

まだ全身白くなってない白鳥なので、子供のようだ。
福島の地で暮らしていけるか心配。
昨年亡くなった八木おじさんが生きていてくれればなと思う。

posted by 山口屋散人 at 17:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。