2014年06月03日

ひょうしょうじょう

先日、業界関連団体の県組織から優良○○師として表彰を受けた。
そんなものは要らないのだが、組織として呉れると決定したことを固辞するのは
お互いに面倒が多い。しかるに大会欠席でよければ、頂きましょうという
どっちが偉いのかわからぬという始末になった。

本日、事務局の職員さんがついでがあるのでということで、表彰状と記念品を
持って来てくれた。

DSCF0940.jpg DSCF0945.jpg

記念品は軽いがでかい! しかも中合デパートのだ。
今時は何をくれるんだべ? と開けかけたのだが、止めた。
箱の外に写真が出ていたので、中身が分かったからだ。

DSCF0946.jpg

昔、岳父が勤続何年なんてことでよく置時計をもらっていた。
重厚な置時計で捨てるに捨てられず、しかも一日に何分か狂う機械式で実用には
向かないものとなっている。
それから比べれば軽いし、一応クオーツではあるけれど、・・ね。

posted by 山口屋散人 at 20:41| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山口屋散人様
先日はお世話になりました

うちの父も永年勤続は腕時計でした
高校に入るとき、記念に貰い今でもつかってます

今は、時計ももらえません
紙一枚です

やはり、縁起ものですのでバザー行きではなく
お店に掲げてください

柳田
Posted by 柳田 at 2014年06月03日 22:31
柳田さん、いつもどーもです。

ほー最近は紙が一枚で終わりなんですか。
じゃ、物がもらえるのはありがたいと思わなくちゃかなー。
でも正直また不要品が増えちゃった〜て感じです。
Posted by 散人 at 2014年06月05日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。